RoHS2指令禁止6物質が10物質へ

By | 2018年7月28日

◆従来、RoHS指令禁止物質は6物質(鉛、水銀、六価クロム、カドミウム、PBB、PBDE)
でしたが、EUでは2015年6月、4物質が追加されましたので注意が必要です。
            6物質→10物質へ

<禁止された追加4物質(フタル酸エステル類)
※規制濃度:0.1wt%(1000ppm)
●フタル酸ジエチルヘキシル(DEHP)   新規追加
●フタル酸ジブチル(DBP)       新規追加
●フタル酸ブチルベンジル(BBP)     新規追加
●フタル酸ジイソブチル(DIBP)      新規追加

※但し、規制実施時期はカテゴリーにより異なります。
◆カテゴリー1~7、10、11:2019年7月22日
◆カテゴリー8、9:2021年7月22日
詳しくは関係各署にてご確認下さい。
【6月の欧州官報にてRoHS指令の付属書Ⅱを修正する委員会委任指令(EU)2015/863が公告)】
納入先より「フタル酸エステル類」の対応状況を確認されますので対応が必要です。
重金属類と臭素系難燃剤の分析手法は異なります。
※ものづくり中小企業様にも化学物質の知識が必要となりました。

◆分析試験(RoHS分析)でお困りの事がありましたらメールにて気軽に相談下さい。
アウトソーシングの時代、「最適なサテライトラボを持つのが問題解決の早道」です。
※特に30分、1時間程度のスポットアドバイスは大歓迎です。(秘密厳守)

【サービスご提供エリア】
大阪市内、大阪府下(守口市、枚方市、寝屋川市、交野市、茨木市 、高槻市、
門真市、大東市、摂津市、他はご相談)
京都市、宇治市、京田辺市、城陽市、長岡京市、向日市、八幡市、宇治田原町、
久御山町、大山崎町、精華町 木津川市、亀岡市、綾部市、園部 他は別途相談)
滋賀県内その他はご相談下さい。
<大阪・京都 北大阪地区の技術アドバイザー>